Top > 生活 > ここから借金生活が始まった

ここから借金生活が始まった

基本的に、一般の人が破産を申し立てるまでの時間は債務者当事者への電話での取り立てと、負債者人の自宅への直接訪問による回収は違反というわけではないと考えられています。

さらに、自己破産の書類手続きに進んで以降、提出までに長い時間が費やされた際には債権保有人は強硬な返済強要をしてくる確率が増加します。

債権保持者側からすると債権の返納もしないまま、それでいて自己破産といった司法上の手続きもしないといった状況だと企業内部で処理を行うことができないからです。

それと、債権保持者の中では専門の人間に連絡していないと気づくと、相当無理矢理な回収行動をしてくる会社もいるようです。

司法書士の人か弁護士団体に依頼したケースでは、個々の債権者は債務者に関する取り立てを続けることができなくなるのです。

相談を受けた司法書士事務所や弁護士法人は受任したと記載した通達を各債権者に送付することになりそれぞれの債権者がその通知を受け取ったならば債務者は強引な取り立てから放たれるということになります。

ちなみに、取り立て企業が勤務地や本籍地へ訪れての収金は借金に関する法律のガイドラインで禁じられています。

貸金業として登録済みの企業ならば勤務先や親の自宅へ行く収金は貸金に関する法律に抵触しているのを認知しているので、違反だと伝えてしまえば、そういった収金をやり続けることはないと言っていいでしょう。

自己破産に関する申請の後は、当人に対しての返済請求を対象内として返済請求行為は禁止されていますので取り立て会社からの集金が音沙汰なくなることになります。

といっても、一部にはそういったことを知りながら電話してくる業者もゼロとは考えられません。

金貸しとして登録されている会社ならば自己破産の手続き後の徴集行為が貸金業法の条項に抵触しているのを知っているので、違反だと伝えれば、返済要求をやり続けることはないと言っていいでしょう。

ただ、闇金と言われる登録していない取り立て業者については常識外で、過激な返済請求などが理由の被害者が増え続けている情勢です。

法外金融が業者の中にいる可能性があるときには必ず弁護士の人か司法書士事務所などの専門家に頼むといいでしょう。

借金 相談 弁護士

生活

関連エントリー
日本金融公庫の利用に関して興行ビザを依頼すると・・・これが最後の転職先となるために みんな知ってるハウスクリーニングでお家を綺麗にここから借金生活が始まったカードでいいや、それが地獄の入口家族の借金が迷惑返し方にも色々ある!
カテゴリー
更新履歴
中国との関係は(2014年7月29日)
専業主婦がキャッシングでお金を借りる時の注意点(2014年6月26日)
場所ならではサプライズ(2014年4月28日)
日本金融公庫の利用に関して(2014年4月26日)
吊革で二の腕プルプル(2014年4月22日)