Top > 中国との関係は

中国との関係は

一方、ナイ教授が懸念するのは中国との関係です。
(靖国神社 去年12月)
去年の安倍総理大臣の靖国神社参拝は、強い反発を招きました。
さらに、集団的自衛権の行使容認を閣議決定した際には、中国政府は歴史認識の問題と絡めて反対する立場を表明しています。

(北京 1日 中国外務省の会見)
中国外務省:日本が戦後、堅持してきた平和発展の道を変えようとしているとの疑いを禁じえない。

大越氏:安倍首相が去年、靖国神社を参拝して以来、日中関係の亀裂はさらに大きくなったが、これについてどう思うか。

ジョセフ氏:靖国参拝や歴史認識に関する声明は、日本にとってマイナスであってもプラスにならないと思います。来年は、第2次世界大戦終結から70年ですが、中国は歴史問題を再燃させるでしょう。しかし、中国が歴史問題を対日批判の道具としていることを忘れてはいけません。日本は慎重に対応して、そのわなにはまってはいけません。

今後の日米同盟はどうあるべきか。
幡ヶ谷の整体

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
中国との関係は(2014年7月29日)
専業主婦がキャッシングでお金を借りる時の注意点(2014年6月26日)
場所ならではサプライズ(2014年4月28日)
日本金融公庫の利用に関して(2014年4月26日)
吊革で二の腕プルプル(2014年4月22日)