livedoor Blog-白熱100W相当 yamada(山田照明) 本体:FD-4169-L LEDスタンド セード:KF-4089 26148zjah9581-照明、電球

選手たちが躍動する野球場にはその長い歴史の中で様々なドラマが刻まれてきましたLGBZ7205 吊下型 LED(昼光色〜電球色) ペンダント 下面密閉・引掛シーリング方式 リモコン調光・リモコン調色 匠のあかり 偲ぶ松(しのぶまつ) パネル
News English 300 15言語で症状聞く : News English 300 : 動画 : 読売新聞オンラインティーンのぶっちゃけ!英会話 第64回「風邪を引いたら」 : ティーンのぶっちゃけ!英会話 : 動画 : 読売新聞オンライン

livedoor Blog-白熱100W相当 yamada(山田照明) 本体:FD-4169-L LEDスタンド セード:KF-4089 26148zjah9581-照明、電球

取付方法:置き型
光色(LED):電球色
色温度(K):2700K
演色性(Ra):Ra80
LEDタイプ:LED電球
従来光源相当:白熱100W相当
調光:非調光
光源仕様:E26 LED電球 15.7W×1+E12 LED電球 0.5W×1
適合ランプ:東芝製LDA16-L-G/100W
寸法:幅φ340mm・セード幅φ340mm・セード高270mm・高1540mm
重量:4kg
材質仕上:鋼(シルバー塗装)/天然木(ダークオーク色)/布
点灯パターン:プルスイッチ仕様15.7W→0.5W→0
電圧:100V専用
定格光束(LED):1179lm
消費電力(LED):15.7W
固有エネルギー消費効率(LED):75lm/W
LEDモジュール寿命:40000
特徴1:電源電圧100V専用
特徴2:プルスイッチ仕様 15.7W→0.5W→0
特徴3:2700K Ra80
特徴4:白熱100W相当
特徴5:セードKF-4089G
特徴6:床置き
特徴7:※LED素子にはバラツキがあるため同一形名の器具においても光色、明るさが異なる場合があります。
JANコード:49 68478 550167







コメント:セードの色が選べるスタンドライト。またカスタムメードでお好きな生地からもセードが作成できます。照明と空間インタリアのトータルコーディネートが可能です。支柱は天然木。ダークオークはセードによってクラシックにもモダンにもマッチングします。

当店の掲載商品はメーカーより予告無く
販売終了・完売品となっている場合もございますため、
掲載商品全ての出荷確約をするものではございません
ことをご了承ください。yamada(山田照明) LEDスタンド 白熱100W相当 本体:FD-4169-L セード:KF-4089

livedoor Blog-白熱100W相当 yamada(山田照明) 本体:FD-4169-L LEDスタンド セード:KF-4089 26148zjah9581-照明、電球

livedoor Blog-白熱100W相当 yamada(山田照明) 本体:FD-4169-L LEDスタンド セード:KF-4089 26148zjah9581-照明、電球

「スポーツを通じて希望を」創業哲学を受け継ぎ、未来へ向かう――太田めぐみ・アシックス 執行役員

アシックスの創業者・故鬼塚喜八郎氏は、スポーツを通じて少年たちに希望を与えようと「健全な身体に健全な精神があれかし」という理念を掲げ、1949年に前身となる鬼塚商会を神戸に興した。70年経った現在、同社は新たなブランドメッセージ「I MOVE ME」を掲げ、環境と人と社会のサステナビリティを体系的に整理し、さらに東京2020オリンピック・パラリンピックゴールドパートナーとして未来を見据える。言葉は変わったがその創業哲学は脈々と受け継がれ、先駆的な取り組みを生み出し続けている。

サステナブル(sustainable)とは、 サステナビリティ(sustainability)とは

サステナブルとは、「持続可能な」という意味です。
そして、サステナビリティ(sustainability)は「持続可能性」として、
現在の地球環境、社会、暮らし、経済、経営などを「維持し、継続できる」という文脈で使われています。
Sustainable Brands Japan(SB-J)は、企業の成長において大きな焦点となっている
「サステナビリティ(持続可能性)」に関するさまざまな活動をサポートすることを目的に、
ブランドへの提言、および「サステナビリティ」を継続的に討議するコミュニティの醸成を推進します。
日本発の情報発信を通して、真のサステナブル・ブランドを創出すること。
SB-Jはビジネスを切り拓くブランド・イノベーターと、そのコミュニティのために挑戦を続けます。