ナイキ LPS1511-LOR5002 クロスパネル 26148sjir821-新製品

肝心のボールは……? まだまだラガーにゃんの仲間入りは遠そうだグレースアートミラー アーサーL gm-08018
タックル - 特集:ラグビーワールドカップ 2019 日本大会:読売新聞「クラウチ(かがめ)」「バインド(つかめ)」「セット(組め)」の合図で組んでから押し合う

ナイキ LPS1511-LOR5002 クロスパネル 26148sjir821-新製品

特長
段差連結ができるほか、安定脚を使用することで、手軽なローパーテーションとして使え、さまざまなレイアウトに対応します。

仕様・規格
クロスパネルタイプ(ピンナップ可能)
パネル厚:30mm
色:ライトオレンジ
間口(mm):1100
奥行(mm):30
高さ(mm):1500
タイプ:-

材質
フレーム:アルミ
ハニカムコア

質量・質量単位
9kg

注意事項
高さ1050、1200mmもあります。お問い合わせください。
色を選べます。ご発注の際は色をご指定ください。
安定脚別売。

運賃は別途見積もり



ナイキ クロスパネル LPS1511-LOR5002

ナイキ LPS1511-LOR5002 クロスパネル 26148sjir821-新製品

ナイキ LPS1511-LOR5002 クロスパネル 26148sjir821-新製品

「スポーツを通じて希望を」創業哲学を受け継ぎ、未来へ向かう――太田めぐみ・アシックス 執行役員

アシックスの創業者・故鬼塚喜八郎氏は、スポーツを通じて少年たちに希望を与えようと「健全な身体に健全な精神があれかし」という理念を掲げ、1949年に前身となる鬼塚商会を神戸に興した。70年経った現在、同社は新たなブランドメッセージ「I MOVE ME」を掲げ、環境と人と社会のサステナビリティを体系的に整理し、さらに東京2020オリンピック・パラリンピックゴールドパートナーとして未来を見据える。言葉は変わったがその創業哲学は脈々と受け継がれ、先駆的な取り組みを生み出し続けている。

サステナブル(sustainable)とは、 サステナビリティ(sustainability)とは

サステナブルとは、「持続可能な」という意味です。
そして、サステナビリティ(sustainability)は「持続可能性」として、
現在の地球環境、社会、暮らし、経済、経営などを「維持し、継続できる」という文脈で使われています。
Sustainable Brands Japan(SB-J)は、企業の成長において大きな焦点となっている
「サステナビリティ(持続可能性)」に関するさまざまな活動をサポートすることを目的に、
ブランドへの提言、および「サステナビリティ」を継続的に討議するコミュニティの醸成を推進します。
日本発の情報発信を通して、真のサステナブル・ブランドを創出すること。
SB-Jはビジネスを切り拓くブランド・イノベーターと、そのコミュニティのために挑戦を続けます。