クローザーライト TOSO リーガル アコーデオンドア 幅60〜100cm×丈211〜220cm 26148sjir75041-新製品

首位を快走する広島を追いかけることができるかが送料無料 ヒョウトク 珠のれん W85×H150cm SS-150(同梱・代引不可)
5月30日から始まる交流戦を前にした楽天の成績は30勝12敗で頼むぞ井口」の大声援を送り続けた井口ファンの思いの表れだろう

クローザーライト TOSO リーガル アコーデオンドア 幅60〜100cm×丈211〜220cm 26148sjir75041-新製品

空間によってはアコーデオンドアに求められるデザインや使い方はさまざま。お部屋の一部に専用スペースを設けたり、プライベートルームを増やしたりとアコーデオンドアなら大がかりなリフォーム不要で新しい空間をつくりだすことができます。トーソーのクローザーライトは操作感がスムースなスタンダードタイプです。■トーソー アコーデオンカーテン■クローザーライト■リーガル■構造:複式(内部にパンダグラフ状の骨組があり、その上にレザーを貼ったダブル構造)■製作可能寸法:製品幅60〜300cm、製品高さ161〜240cm■オプション仕様(別途ご注文ください):両側把手仕様、表裏別レザー仕様、埋込み仕様、カーブ仕様■レール・把手カラー:ホワイト、プラチナグレー■価格は片開き1台の価格です。両開きの場合は価格(片開き)×2となります。



TOSO アコーデオンドア クローザーライト リーガル
空間によってアコーデオンドアに求められるデザインや使い方はさまざま。
単なる「部屋と部屋との仕切り」という考え方から、「空間を分かち合い、人の気配・温もりが伝わる間仕切」という発想へ。トーソーのアコーデオンドアはデザインだけではなく、機能性も充実したバリエーションです。
■クローザーライト 仕様と構造はこちらからご確認ください。
■オプションのご希望のお客様は別途ご注文ください。オプションの詳細はこちらからご確認ください。



TOSO アコーディオンドア クローザーライト リーガル 価格表(税別)
幅(cm)→
丈(cm)↓
60〜100101〜125126〜150151〜175176〜200201〜225226〜250251〜275276〜300
161〜180204702366026795299853312036310394454263545770
181〜190222302553028830321303543038675419754527548575
191〜200240452745530865342753768541095445054791551325
201〜210258052932532900364203994043515470355061054130
211〜220275653125034880385654225045935495655325056935
221〜230293253312036915407104450548300520955589059685
231〜240310853504538950428554681550720546255858562490
※価格は片開き1台の価格です。両開きの場合は上記価格(片開き)×2となります。
※最大製作幅は片開きで3m、両開きで6mとなります。

■シャープ クローザーエクセルはこちら
■TOSO アコーディオンドア一覧はこちら




TOSO アコーデオンドア クローザーライト リーガル 幅60〜100cm×丈211〜220cm

クローザーライト TOSO リーガル アコーデオンドア 幅60〜100cm×丈211〜220cm 26148sjir75041-新製品

クローザーライト TOSO リーガル アコーデオンドア 幅60〜100cm×丈211〜220cm 26148sjir75041-新製品

「スポーツを通じて希望を」創業哲学を受け継ぎ、未来へ向かう――太田めぐみ・アシックス 執行役員

アシックスの創業者・故鬼塚喜八郎氏は、スポーツを通じて少年たちに希望を与えようと「健全な身体に健全な精神があれかし」という理念を掲げ、1949年に前身となる鬼塚商会を神戸に興した。70年経った現在、同社は新たなブランドメッセージ「I MOVE ME」を掲げ、環境と人と社会のサステナビリティを体系的に整理し、さらに東京2020オリンピック・パラリンピックゴールドパートナーとして未来を見据える。言葉は変わったがその創業哲学は脈々と受け継がれ、先駆的な取り組みを生み出し続けている。

サステナブル(sustainable)とは、 サステナビリティ(sustainability)とは

サステナブルとは、「持続可能な」という意味です。
そして、サステナビリティ(sustainability)は「持続可能性」として、
現在の地球環境、社会、暮らし、経済、経営などを「維持し、継続できる」という文脈で使われています。
Sustainable Brands Japan(SB-J)は、企業の成長において大きな焦点となっている
「サステナビリティ(持続可能性)」に関するさまざまな活動をサポートすることを目的に、
ブランドへの提言、および「サステナビリティ」を継続的に討議するコミュニティの醸成を推進します。
日本発の情報発信を通して、真のサステナブル・ブランドを創出すること。
SB-Jはビジネスを切り拓くブランド・イノベーターと、そのコミュニティのために挑戦を続けます。