(簾 約65×172cm (響) お座敷すだれ すだれ よしず ) 竹すだれ 座敷用 御座敷 スクリーン バンブー 巻き上げ すだれ 竹 間仕切り 26148sjir35541-新製品

仰天ゴハン 「UFO料理」 石川県羽咋市 : 仰天ゴハン : 動画 : 読売新聞オンラインキャスター付きパーテーション5連 高さ180cm 国産品
“最古”の市電 元気に復活…大阪市 : ニュース : 動画 : 読売新聞オンライン山梨県道志村のキャンプ場で9月21日から行方不明になっている千葉県成田市の小学1年

(簾 約65×172cm (響) お座敷すだれ すだれ よしず ) 竹すだれ 座敷用 御座敷 スクリーン バンブー 巻き上げ すだれ 竹 間仕切り 26148sjir35541-新製品

耐久性に優れた竹皮ひごを使用した【御座敷すだれ】は
高級感あふれる逸品です。
カーテンとは違い、自然な風を通し見た目にも涼しく、
日除け・目隠し・間切り・インテリアとしてなど
色々な用途でご利用頂ける和テイストの高級すだれです。

【材質】竹皮ヒゴ100%、編み糸:綿、縁布・房:レーヨン、金具:鉄製
取り付け金具:乙かん付き



すだれカーテン、お手入れと保管方法。

■お手入れ方法

1.すだれの間にたまったホコリは、こまめにやわらか目のブラシ(洋服ブラシ等)で払い落とすか掃除機等でとってください。付着したホコリは、カビなどの原因となります。
2.必ず風通しの良い場所で使用して下さい。湿気の多いところではカビが発生する場合があります。湿度の高い閉めきった場所では使用せず、必ず換気を心掛けてください。
3.竹ひごにはトゲがある場合があります。ヒゴに沿ってなでないでください。

■もし、カビが発生したら

カビは、湿気と湿度がある一定以上のレベルに達すると発生しやすくなります。換気等に気を付ければカビを防ぐことができます。また、カビを発生させないことがすだれを長持ちさせる重要なポイントになります。しかし、カビが生えてしまったら次の手順でお手入れをしてください。
1.天日に干してよく乾燥させてください。
2.ブラシ等でカビをよく払い落とし、やわらかい乾いた布でよく拭き取って下さい。
3.市販の防カビ・カビ止めスプレーを吹き付けよく乾かして下さい。(説明書をよく読み、必ず目立たないところで試して変質・変色等の無いことを確認の上ご使用下さい)

■保管方法

よく乾燥させブラシ掛けと乾拭きをしてから、防虫剤と乾燥剤を入れて新聞紙等で包み風通しの良い湿気の少ない高いところに保管します。保管の際には上に物を乗せたりしないようにしてください。



お座敷すだれ 関連商品
お座敷すだれ 東山 お座敷すだれ(宇多野) 仏間用すだれ お座敷すだれ専用金具


お座敷すだれ (響) 約65×172cm (簾 すだれ よしず 間仕切り 竹 すだれ 巻き上げ バンブー スクリーン 御座敷 座敷用 竹すだれ )

(簾 約65×172cm (響) お座敷すだれ すだれ よしず ) 竹すだれ 座敷用 御座敷 スクリーン バンブー 巻き上げ すだれ 竹 間仕切り 26148sjir35541-新製品

(簾 約65×172cm (響) お座敷すだれ すだれ よしず ) 竹すだれ 座敷用 御座敷 スクリーン バンブー 巻き上げ すだれ 竹 間仕切り 26148sjir35541-新製品

「スポーツを通じて希望を」創業哲学を受け継ぎ、未来へ向かう――太田めぐみ・アシックス 執行役員

アシックスの創業者・故鬼塚喜八郎氏は、スポーツを通じて少年たちに希望を与えようと「健全な身体に健全な精神があれかし」という理念を掲げ、1949年に前身となる鬼塚商会を神戸に興した。70年経った現在、同社は新たなブランドメッセージ「I MOVE ME」を掲げ、環境と人と社会のサステナビリティを体系的に整理し、さらに東京2020オリンピック・パラリンピックゴールドパートナーとして未来を見据える。言葉は変わったがその創業哲学は脈々と受け継がれ、先駆的な取り組みを生み出し続けている。

サステナブル(sustainable)とは、 サステナビリティ(sustainability)とは

サステナブルとは、「持続可能な」という意味です。
そして、サステナビリティ(sustainability)は「持続可能性」として、
現在の地球環境、社会、暮らし、経済、経営などを「維持し、継続できる」という文脈で使われています。
Sustainable Brands Japan(SB-J)は、企業の成長において大きな焦点となっている
「サステナビリティ(持続可能性)」に関するさまざまな活動をサポートすることを目的に、
ブランドへの提言、および「サステナビリティ」を継続的に討議するコミュニティの醸成を推進します。
日本発の情報発信を通して、真のサステナブル・ブランドを創出すること。
SB-Jはビジネスを切り拓くブランド・イノベーターと、そのコミュニティのために挑戦を続けます。