2人掛け 座椅子 リクライニング フロアソファ 2分割タイプ ラブソファ ZSS-0001-BK JKプラン ロータイプ 国産 (ZSS0001BK) 日本製ブラック 26148ykky71639-大割引

「よろしかろう」 信長のお陰で生き残った足利義昭はすんなりと認めた(クララ) 2P北欧風収納庫付ソファ ブルー/グリーン/ベージュ/ブラウン/レッド 北欧 収納 おしゃれ ファブリック クッション付☆
やるんですよ」 「え? だからこそ……?」 「こっ…やり方が暴力的なのよ」 「貧乏くさいのも入れといて

2人掛け 座椅子 リクライニング フロアソファ 2分割タイプ ラブソファ ZSS-0001-BK JKプラン ロータイプ 国産 (ZSS0001BK) 日本製ブラック 26148ykky71639-大割引

●分割できるから、座椅子としても、シンプルなフロアソファとしても活躍する画期的なソファ



●分割できるから、座椅子としても、シンプルなフロアソファとしても活躍する画期的なソファ
●急な来客時など、分割してしまえば、2人分の座椅子に早変わり
●背もたれは7段階調整可能な日本メーカー製ギアを使い、生地は撥水加工を施しているので、日常で安心してお使いいただけます
●[外寸]
幅112.0×奥行65.0〜103.0×高さ57.0cm
(1個あたり)幅55.0×奥行65.0〜103.0×高さ57.0cm
●[内寸]
(座面高さ)最大19.0cm
(座面)幅112.0×奥行43.0cm
(背もたれ)幅110.0×高さ36.0cm
●[本体]ポリエステル100%
[中材]ウレタンチップ
●・背もたれ 7段階調節
・分割しての使用可
・撥水加工
●リクライニングラブソファ ジャンボ 二人がけソファ 二人がけソファー 低いソファ 二人掛けソファ 二人掛けローソファ 低い 2人掛けソファ 2人用ソファ
●2人がけソファ ソファ 2人 ローソファー ロータイプソファ リクライニングソファ フロアソファ シングルソファ

2Pソファー 2人掛けソファー
●ラブソファー フロアソファー ウレタンソファー リクライニングソファ ファブリックソファー カウチソファ 2人用 ソファベッド 分割 1人用
●こちらの商品はメーカー・取引先からの直送品となります。【代金引換払い】【店頭引き渡し】はご利用になれませんので、あらかじめご了承ください。
●沖縄・離島への配送料金は別途見積もり(配送不可の場合も有)となりますのでご了承ください。
●JANコード:4582222650301




JKプラン ZSS-0001-BK ラブソファ 2分割タイプ フロアソファ リクライニング 座椅子 2人掛け ロータイプ 国産 日本製ブラック (ZSS0001BK)

2人掛け 座椅子 リクライニング フロアソファ 2分割タイプ ラブソファ ZSS-0001-BK JKプラン ロータイプ 国産 (ZSS0001BK) 日本製ブラック 26148ykky71639-大割引

2人掛け 座椅子 リクライニング フロアソファ 2分割タイプ ラブソファ ZSS-0001-BK JKプラン ロータイプ 国産 (ZSS0001BK) 日本製ブラック 26148ykky71639-大割引

「スポーツを通じて希望を」創業哲学を受け継ぎ、未来へ向かう――太田めぐみ・アシックス 執行役員

アシックスの創業者・故鬼塚喜八郎氏は、スポーツを通じて少年たちに希望を与えようと「健全な身体に健全な精神があれかし」という理念を掲げ、1949年に前身となる鬼塚商会を神戸に興した。70年経った現在、同社は新たなブランドメッセージ「I MOVE ME」を掲げ、環境と人と社会のサステナビリティを体系的に整理し、さらに東京2020オリンピック・パラリンピックゴールドパートナーとして未来を見据える。言葉は変わったがその創業哲学は脈々と受け継がれ、先駆的な取り組みを生み出し続けている。

サステナブル(sustainable)とは、 サステナビリティ(sustainability)とは

サステナブルとは、「持続可能な」という意味です。
そして、サステナビリティ(sustainability)は「持続可能性」として、
現在の地球環境、社会、暮らし、経済、経営などを「維持し、継続できる」という文脈で使われています。
Sustainable Brands Japan(SB-J)は、企業の成長において大きな焦点となっている
「サステナビリティ(持続可能性)」に関するさまざまな活動をサポートすることを目的に、
ブランドへの提言、および「サステナビリティ」を継続的に討議するコミュニティの醸成を推進します。
日本発の情報発信を通して、真のサステナブル・ブランドを創出すること。
SB-Jはビジネスを切り拓くブランド・イノベーターと、そのコミュニティのために挑戦を続けます。